twitterfacebookfeed

3456ae39af1b4bc5bf38b8ecbe9eccc7 Facebookの投稿ネタに困らない7つのポイントとは!?
Facebookやブログのネタが無い・・・と悩んでいませんか?

投稿のネタが無いからと言って、美容室に関係のないネタばかり投稿していませんか?

メーカーから提供された文章をそのまま引用していませんか?

ひょっとしたら、あなたの文章はお客様に読んでもらえてないかもしれません!

なぜ、あなたの文章がお客様に読んでもらえないか、響いていないか想像してみてください。

なぜなら、

「自分の言葉で書いていない」

からです。

「自分の言葉」とは、単に自分の意見を述べるだけではありません。

ポイントは、

「自分の体験談を入れて、お客様が知りたい内容を書く」

です。

どの様に、「自分の言葉で書く」のか、

その考え方をお伝えします。

 

f1b10c987ac6a7200d361e101b50cb7f Facebookの投稿ネタに困らない7つのポイントとは!?
 

記事のテーマを、大枠で「ヘアカラーについて」と設定します。

一口に「ヘアカラー」と言っても、これだけでは広すぎますよね?

そこで、このテーマを7つの切り口で分解し、記事のテーマの方向性を決めていきます。

①なぜ?

「ヘアカラー」になぜ?をぶつけてみてください。

なぜ?をぶつける際に考える事は、お客様が「ヘアカラー」について

どんな疑問をお持ちなのか想像する事です。

私が考えたなぜ?は、

・髪の毛が染まるのか?

・1か月で色落ちするのか?

・独特な匂いがするのか?

・ヘアカラーの色味は全部同じに感じるのか?

・しみる場合があるのか?

・ヘアカラーをすると髪のダメージがすすむのか?

・室内と屋外では見え方が違うのか?

これだけでも、7つのなぜ?がありますので、

7つの投稿ネタになります。

②もしも・・・

「ヘアカラー」に、もしも・・・をぶつけてみてください。

もしも・・・を考える際、お客様がかなえたい願望を想像すると見えてきます。

私が考えたもしも・・・は

・ヘアカラーをしても髪のダメージを全く感じないとしたら

・髪の毛が全部白髪だったら

・ヘアカラーをする文化がなかったら

③細かく切り分ける

「ヘアカラー」というテーマは広いですよね。

「ヘアカラー」というテーマだけで、一つのブログができるぐらいです。

このテーマを分解してみましょう。

色味、匂い、ダメージ、似合う色、ケア、ホームカラーとの違いなど

分解すると色々記事のテーマがわいてきます。

私が考えた細かく切り分けるは、

・お家でできるヘアカラーを長く持たせるケアについて

・美容室で行うヘアカラーと自宅で行うヘアカラーの違い

・髪の毛が染まる仕組み

・あなたに似合う色は

・ヘアカラーを塗ってから、時間を置く理由

・しみる原因

・○○の芸能人と同じ色味にするには

・黒染めをしたらなかなか髪の色を明るくできない理由

④体験談

体験談が、7つのポイントの中で一番重要なポイントです。

なぜなら、体験談=「自分の言葉で書く」という事に繋がります。

そして、お客様が知りたい情報を自らの体験談をベースに伝える事で、

真実味が増すからです。

私が考えた体験談は、

・学生時代に黒染めをしてなかなか明るくできなかった経験

・ヘアカラーが思った以上に明るくなってしまった経験

・学生時代髪を染めて、学校の先生に怒られた経験

⑤五感

視覚・聴覚・触覚・味覚・嗅覚の内容を記載。

「ヘアカラー」のテーマで、味覚はありえないですが(笑)

その他の五感について、記事を書く際入れる事で、

記事に深みが出てきます。

⑥自分の意見

どこかの文章を引用するだけでは、

それは自分の意見ではありません。

お客様は、あなたの意見を知りたいと思っています。

お客様が求めている事を、あなたの言葉でしっかり伝えましょう。

⑦プロ目線&素人目線

美容室のFacebookの投稿やブログの記事を拝見すると、

専門用語が乱発しているケースがあります。

例えば、

髪を明るくする=アンダーを削る

髪に栄養を補給する=ケラチンを入れ込む

赤みを抑えたヘアカラーの色味=マット系

これらは、美容師であれば誰もが知っている内容ですが、

お客様は美容師ではありません。

美容師としての立場で投稿するのではなく、

お客様の目線に立って、プロの意見を分かりやすく伝える事。

お客様が、あなたのファンになるきっかけに繋がります。

 

以上のように、

Facebookに投稿する際やブログ記事を書く前に、

7つのポイントを抑える事で投稿ネタに困らなくなります。

 

そして、

「自分の言葉で書く」事に繋がり、

お客様からの反応が増える事で、

今よりも更に投稿が楽しくなりますよ♪

◆動画でも解説


Comment feed

WP-SpamFree by Pole Position Marketing