twitterfacebookfeed
  • 2013年4月21日


  • MP9003995752 Facebookページのプロフィールを作成する際、最低限気をつけたい5ポイントとは!?

    せっかく、あなたのFacebookページに訪れてくれたのに、
    プロフィールが不十分のため、ファンにならず離脱しているかもしれない・・・
    この事を考えたことはありますか。

    皆様もご存じのとおりFacebookは情報が流れて行くメディアです。
    その中で、唯一プロフィールは、固定して情報を発信できる場所
    そこで効果的なアピールができなければ、すぐさま離脱してしまいます。
    また、継続的にチェックしようと思わないのではないでしょうか。
    あなたが、Facebookを運用して、集客に繋がらないのは、
    もしやプロフィールのせいでは?

    そこで、

    美容室のフェイスブックページのプロフィールを作成する際、

    最低限気をつけたい5点をお伝えします。

    1:誰に向けて発信しているのか。
    2:何を発信しているのか。
    3:サロンの基本情報を記載。
    4:スタッフを登録。
    5:ホームページへ誘導する事。

    1:誰に向けて発信してる?

    皆さんは、【誰】に向けてフェイスブックページを投稿していますか?
     
    聞こえてきそうなのが、「特にない」という回答…
    せめて、
    •新規のお客様向け
    •既存のお客様向け
    のどちらかは決めましょう!
     
    なぜなら、【誰】がぶれると、
    読み手に伝えたいメッセージがぶれてしまいます。
    その結果、何を伝えているFacebookページなのか不明確になり、
    ファンになってもらえないという悪循環になってしまいます。
     
    私の実体験を話すと、
    フェイスブックページを立ち上げた当初は、
    【誰=美容師】と定めていました。
     
    しかし、投稿していた内容は、
    フェイスブックのニュースが中心…
    これでは、ファンが増えるどころか、
    むしろ減っていきました。
     
    そこで、どんな美容師に発信するか考え出した結論は、
    「フェイスブックをはじめたばかりで、操作がわからない美容師」
    ターゲットに設定。
     
    そこから、Facebook基礎講座や動画配信をするようになり、
    順調にファンが増えるようになったのです。

    2:何を発信しているのか。

    Facebookページのプロフィールに、
    どんな内容を投稿しているのか
    記載していますか。
    お店のお客様ではない方が、
    あなたのFacebookページに、
    はじめて訪れた場合を想像してみて下さい。
    なぜ、あなたのFacebookページに訪れたのでしょうか。
    友達の紹介や検索エンジン経由でしょうか。
    Facebookページにたどり着いた経緯は各々違いますよね。
     
    しかし、あなたのFacebookページに、
    興味を持ったから訪れたのです。
    その方々に、どのような内容を発信しているのか伝える事で、
    丁寧な美容室という印象を与える事に繋がります。
     
    例えば、
    新規集客を目的として、
    40代の主婦に向けた投稿内容を発信している場合を想定します。
    40代の女性の代表的な髪の悩みは、
    • 白髪が出始めて気になっている
    • 髪にハリ・コシがないと悩んでいる
    • 髪年齢を-5歳にしたい
    上記の3点であると仮定します。
     
    その場合、私が美容室であれば
    下記のような投稿内容を発信していると伝えます。
     

    【発信内容】

    ◆40代の女性が最も悩む「白髪」について、
     お客様からよく相談を受ける内容を基に、
     美容師としての見解を発信中
     
    ▼お客様から受ける主な質問
    • なぜ白髪が生えるのか。
    • 白髪を活かすヘアスタイルはないのか。
    • 白髪を染める頻度はどれくらいが良いのか。
    • 市販の白髪染めを上手に染める方法
    ◆年齢を重ねるごとに、髪にハリ・コシが無くなってきた・・・
     その様に悩む前に、ご自宅でできるケアを試しませんか。
    • ご自宅で簡単にできる頭皮ケアの方法
    • 旦那さんやお子さんに手伝ってもらう頭皮マッサージを伝授
    • トップにボリューム!ご自宅にあるホットカーラーが肝
    ◆髪年齢-5歳を実現!当店がこだわるヘアスタイルを発信中
     
    以上のように具体的に発信している内容を伝えると、
    お客様から、「是非!発信する内容を知りたい」と、
    お店のFacebookページに「いいね」を自主的に押すことに繋がります。
    そして、そのファンになってもらえるのではないでしょうか。

    3:サロンの基本情報を記載。

    Facebookページのプロフィールに、
    サロンの基本情報をキチンと掲載していますか?
    サロンの基本情報とは、
     
    •コンセプト
    •主要なメニュー
    •電話番号
    •営業時間
    •定休日
    •URL
    上記6つは、
    最低限記載しましょう!
     
    コンセプトと主要なメニューを
    掲載する時に意識してもらいたい事は、
    【ターゲットが明確になっている事】
     
    ▼具体的な考え方
    各年代の女性が抱える、
    髪の悩みは人それぞれ。
    その悩みを、叶える事ができる
    美容室である事を伝えてみると、
    【ターゲット】に響く内容になりますよね♪
    参照:各年代における女性の髪の悩みとは

    4:スタッフを登録。

    Facebookページに、ページオーナーを追加するという設定があります。
    8d67a86f5c8be3af467f9e1c1e102f5e Facebookページのプロフィールを作成する際、最低限気をつけたい5ポイントとは!?
    上記のように、誰がFacebookページに
    関係がある人物なのか可視化できます。
    こうする事で、スタッフ個人のFacebookを
     
    事前にお客様が見る事になります。
    その結果、お店のFacebookページでは伝わらない、
     
    スタッフの性格が伝わり、
    親近感を持ってもらう効果につながるのではないでしょうか。

    5:ホームページへ誘導

    フェイスブックページを運用する
    最大の目的は何でしょうか?
    ズバリ!
    【ホームページへ誘導する事】
    即ち!
    【ホームページのURLを記載する事】
     
    なぜなら、フェイスブックでファンを増やしたら、
    その後は美容室に来店して欲しいですよね。
    フェイスブックでファンになってくれた方は、
    お店に好印象の気持ちを抱いています。
    もっとそのサロンの事を知りたいと思い
    ホームページを閲覧します。
     
    即ち!
    【ホームページは、お店の顔であり、予約•来店に繋げる】
    役割があるのです。
     
    フェイスブックは、
    集客に繋がらないと思っているあなた!
    今一度、フェイスブックからホームページに
    どれだけのユーザーがきているか、確認してみましょう!

    まとめ

    フェイスブックに、どんな内容を投稿しようか日々悩んでいると思います。
    しかし、その事を考える前に確認しましょう!
    フェイスブックページのプロフィールを
    シッカリ記載しているのかという事を!
    せっかく、あなたのFacebookページに訪れてくれたのに、
    プロフィールが不十分のため、ファンにならず離脱しているかもしれませんよヽ(´o`;

    動画で解説

    ①Facebookページにおける、タイムラインとプロフィールの決定的な違いとは!?

     


    ②Facebookのプロフィールで、誰に向けて発信するか伝えよう! 

     


    ③Facebookのプロフィールで、何を発信するか伝えてますか?

     



    325ca26a4b1bff205a23e452acf144161 Facebookページのプロフィールを作成する際、最低限気をつけたい5ポイントとは!?