twitterfacebookfeed
  • 2013年7月19日

  • 「美容室に特化!Facebook活用の不安をゼロにする専門家」
    阿部弘康(あべひろやす)です。
    飲食店のオープン告知チラシから学べるネタを紹介。
    渋谷で配布していた釜焼鳥本舗のオープン告知のチラシ。
    チラシとFacebookの連動がポイントです!

    oyahinaya チラシとFacebookの連動でオープン告知を加速させる方法とは?

     

    ①Facebookに投稿したら特典あり

    Facebookに投稿すると、特典をつけるお店は増えてきましたよね。
    このチラシを見て激しく共感した点は、
    スタッフに撮ってもらうという記載がある点。
    この記載があるだけで、
    スタッフに気軽に声をかけても良いという事が伝わります。


    例えば、この例を美容室に置き換えた場合、
    チラシやPOPなどで、
    ~仕上がりを撮影して、Facebookのプロフィール画像に使用したい方~
    スタッフに、気軽にお声掛けください!(^^)!
    このような告知をすると、このメッセージに共感した方から、
    声をかけてもらえますね!結果、お店の告知をお客様がすすんでしてくれるようになります。

    ②ユーザーネームを記載している

    ユーザーネームは、フェイスブックページの専用アドレスです。
    これを告知する事で、お客様が迷わずお店のフェイスブックページを見つけてくれます。
    私も、このFacebookページを見てみたのですが、
    オープン前にも関わらず、既に205いいねが集まっていました。
    美容室を開業する際、このお店のFacebookページの投稿内容や宣伝方法は参考になると思います。
    具体的には、
    • お店が出来上がる様子を投稿する
    • 主要なメニューを魅力ある写真と共に投稿する

    ③残念と感じた点・・・

    このチラシを見て、1点だけ残念と感じました。
    ユーザーネームを入力するのは面倒くさい・・・
    そこで、オススメなのが、
    【釜焼鳥本舗 渋谷】[検索]と言う表記を、
    ユーザーネームの下に記載する事!
    こうする事で、面倒と感じて検索しないユーザーの
    取りこぼし防止策になるからです!
    あなたは、ユーザーネームしか告知してないのでは!?

    いかがでしょうか。
    チラシとFacebookの連動を意識する!
    異業種のチラシから学べる点を解説しました。

    325ca26a4b1bff205a23e452acf144161 チラシとFacebookの連動でオープン告知を加速させる方法とは?